【サラリーマン必見】カッコいい男になるためのダイエット方法の紹介

ダイエット お皿ダイエット

悩んでいるサラリーマンダイエットを始めようとしているサラリーマン

「仕事してからストレス、飲み会、運動不足で体重が増えたなぁ。気づけばだいぶ腹も出てきてしまって。昔はもうちょっとカッコいい体してたんだけどな。でも学生の時みたいに運動する時間なんてないから今の生活リズム変えないでできるダイエットないかな?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

今回は、中年サラリーマン に向けてハードル低めの「ダイエット方法」になります。

 

実は自分も気づけば大学時代の体重+10kgになっていたという経験がありましたが、昨年(2019年)6ヶ月で約−10kgに成功しました。

 

自分がおすすめのダイエット方法5つ紹介(手軽なもの)

 

【サラリーマン必見】カッコいい男になるためのダイエット方法の紹介のテーマ

・忙しいサラリーマンでも、今の生活リズムをあまり変えることなくできるダイエットを紹介します。

 

【サラリーマン必見】カッコいい男になるためのダイエット方法の紹介の内容

・自分がおすすめのダイエット方法5つ紹介(手軽なもの)

ダイエット お皿

目標設定をしよう(明確に)

まずはやっぱり「目標」を決めることが重要です。ビジネスでも同じですね。

 

  • なぜ、あなたはダイエットするのでしょうか?
  • ダイエットをして何を得ようとしているのでしょうか?

 

難しく考える必要はありません。ダイエットにチャレンジするきっかけは些細なことでいいんです。

 

自分で言えばきっかけは

 

 ①毎年の健康診断でコレステロール値が引っ掛かった。

 ②ただ、単純に痩せたらモテると思った。

 ③マラソンで自己新記録を出したかった。

 

この①〜③を同時にクリアしたいと思ったらやっぱりダイエットするしかなかったんですよね(^^;

 

ダイエットで重要なことは「継続する」ということです。

1ヶ月で10kg痩せようと過酷なダイエットをしたら仕事に支障が出て、長続きしないですよね。

※もちろんいろんな条件があるとは思いますが。

モチベーションを保ち続けるためにも、自分で「目標」を決め、それを達成した後のイメージを鮮明にしてください。

欲望のままにで構いません。

ここがダイエットを行うスタートラインになります。

 

食生活の見直しをしよう(カロリーコントロールが重要です)

学生時代ほど運動量はないけれど、実は自分は毎日運動している。

でもなぜか痩せない…。

そんな経験ないでしょうか?

自分も大学時代運動部所属だったので、社会人になった直後も運動する癖が抜けず、仕事終わりにロードワークしてました。

※独身だったんで暇でしたし。

でも、痩せるどころか、少しずつ体重は増加してしまいました。

なぜか?

単純に食べ過ぎていたんです。

※毎日「唐揚げ」食べてました。

体重50kgの人が時速8キロで30分間ランニングしても消費できるカロリーは200キロカロリー程度と言われています。

つまり、1ヶ月間、毎日続けたとしても6,000キロカロリーです。

1kgの体脂肪を減らすには約7,200キロカロリーが必要と言われていますので、1ヶ月毎日続けたとしても、体脂肪が1kgも減らない計算となります。

悲惨すぎますよね(^^;

やはり、ダイエットをしていくには食生活の見直し、摂取カロリーを抑えていくことが重要となります。

サラリーマンにとっては「運動で痩せるよりも、食事を改善した方が効率良く痩せることができる」ということになります。

仕事に家庭にと忙しいサラリーマンにとっては1分1秒が非常に大切です。

この食事でダイエットする方法は、自分の食生活を見直すというだけで新たに時間を取られることがありません

「この食事で自分は何カロリー摂取したのか?」を常に計算し、消費カロリー以上のカロリーを摂取しないようにしましょう。

自分自身の1日に消費されるカロリーについてははググってみてください。

(例:30代 消費カロリー 男性)等で検索できます。

まずは、消費カロリー以上のカロリーを摂取しないようにしましょう。

 

昼は手作り弁当にしよう

ダイエットを行うには先ほどご説明させて頂いた通り、「カロリー計算」が重要となってきます。

中年サラリーマンが1日の摂取カロリーを抑えるにはやはり「昼食の改善」が必要です。

 

「昼食にラーメン食べていませんか?」

 

外回りの営業マンであれば1週間に1〜2回は食べているのではないでしょうか?

※自分は食べていました。

中華そば1杯のカロリーは約530キロカロリー、味噌ラーメンは約900キロカロリーと言われています。

さらにはライス(150g)を一緒に追加すれば+約252キロカロリーとなり、1日の消費カロリーの半分以上を昼食で摂取してしまうこととなります。

また、コンビニのお弁当もカロリーが高めです。

どのお弁当にも大体カロリーが記載されていますが、お弁当一つで600キロカロリーを超えるものも多く見受けられます。

さらにサラリーマンとしては汁物も欲しくて一緒にカップラーメンを購入したりします。

そこでカロリーを抑え、コントロールするためにも昼食は「手作り弁当をおすすめします。

手作り弁当の良いところは「ご飯の量を自分でコントロールできる」ところにあります。

外食やコンビニ弁当ではご飯の量を自分自身でコントロールできませんが、「手作り弁当」であれば、自分でご飯の量を調節することができ、摂取カロリーを抑えることができます。

しかし、ここで問題が出てきます。

手作り弁当」がカロリーを抑えることはわかりました…。

では、手作り弁当を誰が作るのでしょうか?

ぜひ、奥さん・彼女さんに作っていただいてください。

もし、奥さん・彼女さんが忙しさのあまり無理であれば自分で作りましょう。

大丈夫です。今の冷凍食品の技術は凄まじく、短時間でお弁当を作ることができます。

 

夜は炭水化物を制限しよう!

カロリーコントロールで個人的に1番効果があったものが「夜の炭水化物を制限しよう!」ということです。

これはダイエット終了後も続けていて、リバウンドを防いでくれました。

ご飯が大好きな自分は朝昼晩3食ご飯を食べていました。

何も気にせず、おかわりもしていました。

これではやはり消費カロリーより摂取カロリーが大きくなり、太る原因になります。

また、晩ご飯は食べる量が多くなりがちです。

※お酒を飲みながらや家族と談笑しながらだと、食事の時間も長くなり、量を摂取してしまいがちです。

そこで、カロリーが比較的多い炭水化物を制限してみましょう。

焼肉でも、白米は食べない。

寿司であれば刺身で我慢する。

少しずつでいいので慣れていってください。

 

でもやっぱり運動はしよう

食生活を見直し、体に少しずつ変化が起きてきたら少しで構わないので運動も一緒に行いましょう。

ジムにいく必要はありません。

まずは家で自重トレーニングを少しづつ行っていきましょう。

鏡で見る自分の体の変化が楽しくなってきますよ。

 

【サラリーマン必見】カッコいい男になるためのダイエット方法の紹介まとめ

30代サラリーマンがダイエットをしてカッコ良い体を維持していくために↓

  • 目標設定をしよう(自分のダイエット後をイメージしよう)
  • 食生活を見直そう(カロリーコントロールをしよう)
  • 昼はお弁当にしよう
  • 夜は炭水化物を制限しよう!
  • でもやっぱり運動はしよう※①〜④を行い、効果を実感できてからでOK

 

是非、実践してカッコいい30代サラリーマンを目指しましょう!

 

ではまた。

コメント