【スタートダッシュ】ダイエットを始めるには「きっかけ」が重要!

質素な食事ダイエット
質素な食事
スポンサーリンク

悩んでいるサラリーマンダイエットをなかなか始められないサラリーマン

「ダイエットをしたいけど、なかなか始めることができない」

「ダイエットを始めるきっかけが欲しい」

あなたはこんな悩みを持っていませんでしょうか?

 

今回は自分の実体験から

ダイエットを始めるきっかけ」を見つける方法

をご紹介したいと思います。

 

本記事のテーマ

ダイエットを思い立ったらすぐに始めることができるようになる

⇨そのためには「きっかけ」を見落とさないようにする

 

本記事の内容

自分の理想をダイエットの最終目標にする

「きっかけ」となる出来事を見落とさない

⇨すぐにダイエットを始めるモチベーションを作ることができる!

 

 「自分の理想(になること)をダイエットの最終目標」にする

あなたは「ダイエットをすること」自体を最終目標にしていませんでしょうか?

例えばをお話しすると、

「体重−5kgを3ヶ月で達成するぞ!」

というようなものを最終目標にするということです。

「ダイエットを行うこと」自体を最終的な目標にしてしまうと、自分自身の行動に「スイッチ」を入れることが難しくなります。

それはなぜか?

本来、ダイエットを行うことは「最終的な目標 = 自分の理想(になること)」となることです。

例えば、あなたは「−5kgを3ヶ月で達成するぞ!」がしたいのではなく、今よりも「いい体になってモテたい!」からダイエットを行うのです。

ここで私自身の実体験をお話しします。

 

私自身のダイエット目標は…?(去年の場合)

昨年の私の目標は

最終目標 = 「ハーフマラソンを足を痛めずに走りたい」

最終目標を達成するために⇨「ハーフマラソンの大会前までに体重を60kg以下にする!」

こんな感じでした。

 

少し解説します。

去年の自分にはどうしても達成したい目標がありました。

それは

「ハーフマラソンを足を痛めずに走りたい」

というものです。

「そんなこと?じゃー、走らなきゃいいじゃん」と思うかもしれませんが、ここは人の心理の不思議なところです。

マラソンの魅力なのか、もう二度と走らないという気持ちにはなりませんでした。

人生でもトップ3に入るほどの苦痛(足がもげるかと思うほど痛かった)を受けても、もう一度走りたいと思ってしまったのです。

そうなると自分としては「もう、あんな痛い思いはいやだ。何か対策をしないと(恐怖と焦り)」

となり、「ダイエットするしかない!」となるわけです。

※なんとなく体重が軽い方が、マラソンに有利だと思ったからです。

 

「きっかけ」となる出来事はあなたにも起こっている

きっかけとなる出来事はあなたにも起こっている

きっかけというものは「人生を根本から変えてしまうもの」なんだと思います。

そして実は「自分の理想」へ導いてくれる出来事は、あなたの身にも数多く起こっています。

  • モテたいから ⇨出来事:TVでキャーキャー言われている人が羨ましいと思った
  • 健康でいたいから⇨出来事:隣のサラリーマンが痛風で辛そう
  • バスケでもっと動けるようになりたい⇨出来事:バスケで腰を捻って動けなくなった
  • 子どもから格好良いって言われたい⇨出来事:子どもが生まれた

こんな些細なことでも、結構重要です。

※この方程式に当てはまらなくても大丈夫!

この4つの事例は私自身の実体験で、これらもダイエットを始めるきっかけとなったものです。

自分の理想」へ導いてくれる出来事は普段の生活の中に結構隠れています。

決して見逃さないようにしていきましょう。

 

まとめ

「ダイエットを始めるきっかけ」を見つける方法は、

  1. 「自分の理想(になること)」を最終目標に置く
  2. 「自分の理想」へ導いてくれる出来事を見逃さない

の2つになります。

 

ダイエットをなかなか始められない方は引き締まった体の自分を強くイメージしましょう。

※バッキバキのキレッキレの筋肉を身に纏っている状態の体を。

めちゃくちゃかっこいいですよね!

やってみる価値はあるように思います。

 

ではまた。

コメント