【無料で聴ける】オーディオブック「夢をかなえるゾウ2」のレビュー

オーディオブック読書(おすすめ書籍・読書量3倍へ)
夢をかなえるゾウ2のレビュー記事になります。
スポンサーリンク

ウメ犬

ウメ犬:オーディオブックで聴く「夢をかなえるゾウ2」のレビューについて

「ラスト、本当に感動した。泣きそうになった

 

という事で、「夢をかなえるゾウ2」を聴いたので、レビュー記事を投稿させて頂きます。

 

今なら「オーディオブック配信サービス – audiobook.jp」で無料で聴く事ができるので超おすすめです!

 

※夢をかなえるゾウ2は2020年9月1日〜9月30日聴き放題プラン対象商品になっています。

※「夢をかなえるゾウ2」を無料で聴くには、「audiobook.jp」聴き放題プランに登録する必要があります。

 

聴き放題プランの登録は『オーディオブック配信サービス – audiobook.jp』からどうぞ

 

今の時代、「本は「読まず」に「聴く」時代」です。

 

※3分くらいで読めます。

※ネタバレ含みます。

 

自分のオーディオブック歴

平日に関しては、通勤時間等を使って、約3時間の読書を行っています。

※単純に車での移動時間が多いだけなんですが。

 

 本記事のテーマ

●オーディオブックで聴く「夢をかなえるゾウ2」あらすじと感想(レビュー)

●「夢をかなえるゾウ2」のここがポイント!(ウメ犬的視点で解説)

※切り口は「現役サラリーマンからの視点」で、記事を作成しています。

【無料で聴ける】オーディオブック「夢をかなえるゾウ2」のレビュー

作品紹介

200万部突破の大ベストセラー『夢をかなえるゾウ』の続編が、待望のオーディオブック化!

関西弁を話す奇妙な神様ガネーシャが、今回も人間界で大暴れ!
楽しく読み進めるうちに「お金」と「やりたいこと」との向き合い方が見えてくる1冊です。

出典:audiobook.jp

 

あらすじ

作品はいきなり主人公「西野勤」が惨めな場面から始まります。

夢を追いかけて脱サラをし、お笑い芸人を目指す主人公が、なんと理不尽にも事務所の先輩に笑いものにされてしまっているのです。

 

「お笑いやめてサラリーマンに戻った方が良いのかな?」

 

主人公がお笑い芸人の夢を諦め、現実を見始めた時、おじさん(ガネーシャ)が現れます。

 

「ワシとコンビ組もうや」

 

この本を読んでいる方もびっくりすることを言うガネーシャ

 

そして、紆余曲折を経て、ガネーシャとコンビを組む事になった主人公「西野勤」。

ガネーシャから数々の助言を受け、試練を乗り越えていく西野は果たして、「夢」をそして「幸せ」を掴む事ができるのか。

 

今回は新キャラクター「貧乏神(金無幸子)」が登場。

 

「お金」とは何か?「幸せ」とは何か?

 

そして、ラストにはあっと驚く感動の場面があなたを待ち受けています。

 

感想(レビュー)

感想(レビュー)は下記3点になります。

 

  • 主人公西野勤の生き様から学んだ事
  • 金無幸子さんの教え「貧乏になる人の条件」
  • ガネーシャが語る「本」というものの本質

 

ウメ犬的に心に特に残ったのはこの3点です。

では、順に見ていきましょう。

 

主人公「西野勤」の生き様から学んだ事

会社に勤めてみて分かったことがある。
それは、人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

出典:夢をかなえるゾウ2

 

主人公西野勤がお笑い芸人を目指し、脱サラをするきっかけとなった考えです。

 

同じようなことをウメ犬も考えていました。

 

「自分がこの仕事を続けていたとしても、自分が理想としてる生活は手に入らない…。」

 

これはウメ犬が副業を始めた時に考えた事です。

 

西野さんが「将来が見えてしまう怖さ」を語った時、すごい親近感がわき、この本にのめり込むきっかけとなりました。

 

そして、大切なもう一つのこと

 

「才能がない」

 

そもそも、ほとんどの人が「才能」なんてものは持っていないんです。

 

それでも西野さんは8年間惨めな思いに耐え、必死に自分の夢を叶えようとしていました。

 

「凄まじい執念」という他ないと思います。

 

8年間、毎日お笑いに対する研究し続ける…。

 

そもそも、8年間休まずに努力しているもの(コト)は自分にはありません。

 

物語のラスト、西野さんのその努力は報われるのですが、それはやっぱり必然だったんだと思います。

 

ほとんどの人が3ヶ月も保たず、努力をやめてしまうのが今の現実ではないでしょうか?

 

西野さんの生き様から成功するには何が必要なのか。

 

どれほどの努力をしなくてはならないのかを感じ取る事が出来ます。

 

金無幸子さんの教え【いい人は「何か」を手に入れることはない】

「『いい人』というのは、他人を喜ばせるのではなく、他人から嫌われたくないという気持ちから自分の欲求を抑えつけてしまう人です。でも、そういう人が何かを手に入れることはありません。なぜならー自分の欲求を抑え続けることで、どんどん『やる気』を失ってしまうからです」

出典:夢をかなえるゾウ2

 

この「いい人」の条件を聴いた時、かなりドキっとしました。

 

「ウメ犬はただ単純に他人から嫌われたくなかっただけだったんだなぁ。」

 

自分の欲求を抑えるのは、今の日本では美徳とされているところがあると思います。

 

  • 我慢している人がかっこいい
  • 辛い事を我慢するからお金が貰える

 

しかし、それは本当に自分が欲しいものを獲りにいっていない事になるのではないでしょうか?

 

「失敗してもいいから自分が欲しいものを獲りにいく!」

 

「いい人」をたまには捨てないと、本当に欲しいものは手に入らない…、これは世の中の仕組みなのかもしれません。

 

ガネーシャが語る「本」というものの本質

仕事、お金、人間関係、幸せ・・・・・・人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。その『本』でも解決できひん悩みちゅうのは何なん?自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?自分は悩みのガラパゴス諸島なん?

出典:夢をかなえるゾウ2

 

この事を聴いて「やっぱり本を読まないといけない」と感じました。

 

本を読むことの意味をここまで的確に捉えた言葉もないなと思います。

 

「本は人間の悩みを解決するために作られたもの」

 

仕事、お金、人間関係等、何か悩みがあるのなら、その悩みに対する答えはきっと「本」の中にあるはず。

 

そして、きっと解決策が見つかります。

 

これが「本」を人が読む答えではないでしょうか?

 

【無料で聴ける】オーディオブック「夢をかなえるゾウ2」のレビューのまとめ

ということで、【【無料で聴ける】オーディオブック「夢をかなえるゾウ2」のレビュー】を記事としてまとめてきました。

audiobook.jpだと2020年9月1日〜30日まで無料でダウンロードができるのでおすすめです。

※聴き放題プランへの登録が必要ですので、オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jpからどうぞ

 

以下がまとめです。

 

オーディオブックで聴く「夢をかなえるゾウ2」まとめ

  • 作品紹介、あらすじ
  • ウメ犬的に心に特に残ったのはこの3点
    ①主人公「西野勤」の生き様から学んだ事

    ②金無幸子さんの教え【いい人は「何か」を手に入れることはない】
    ③ガネーシャが語る「本」というものの本質

※全て個人的見解です。

 

■オーディオブックに関しては↓以下の記事でまとめてます。

【無料特典有り!オーディオブック徹底比較】メリットやおすすめも解説
各オーディオブックサービスの徹底比較記事になっています。オーディオブックとは?からおすすめのオーディオブックまで紹介しております。2020年8月現在、各サービス共にお得な特典がついています。耳のスキマ時間を活用して上手に活用していきましょう。

 

■商品紹介(書籍バージョン)

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

 

■夢をかなえるゾウ1は↓以下の記事でまとめてます。

今なら無料!オーディオブックで聴く「夢をかなえるゾウ」のレビュー
オーディオブックで聴く「夢をかなえるゾウ1」のレビュー記事になります。2020年8月末までaudiobook.jpでは「夢をかなえるゾウ1」が無料ダウンロードすることができます。※聴き放題プランへの登録が必要です。ビジネスで活きる情報が詰まった書籍になります。

 

■私ごと

「夢をかなえるゾウシリーズは最強の自己啓発本」

夢をかなえるゾウシリーズは自己啓発本のはずなんです。
自己啓発本は「考えさせられる」もので、少なからず、読んでいると疲れるもの。だけど、夢をかなえるゾウシリーズは小説のように、最後まで一気に読み切らせる力がある。
そして、読み終えたあと、自分の心に「悩みに対する解答」がいつの間にか残っている …、そんな感覚です。ストレスなく最後まで読め、爽快感があり、尚且つ人生に役立つヒントが詰まっている自己啓発小説…。

個人的には最強の自己啓発本と言って良いと思う。

 

それでは、この記事が何かあなたにとってのヒントになっていたら幸いです。

 

ではまた。

コメント