【衝撃的未来予測②】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「第1章」についての書評+要約

未来サラリーマンお役立ち情報
2025年、人々は買い物をしなくなる‥
スポンサーリンク

サラリーマン

「これから先、買い物をしなくなるってどういうこと?」

 

ウメ犬「買い物のめんどくさいを取り除いた結果、従来のような買い物をしている実感が減ります。そして、実店舗への買い物の回数が減ります。」

 

こんにちは。ウメ犬です

 

今回は『【衝撃的未来予測②】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「第1章」についての書評+要約』についてお話ししていきます。

 

小売業に関係する人は、かなり気になるタイトルではないでしょうか?

 

各章ごと解説していきます。

 

【衝撃的未来予測②】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「第1章」についての書評+要約

未来

2025年、人々は買い物をしなくなる‥

概要

『2025年人は「買い物」をしなくなる「第1章」』解説

 

この記事でわかること

・人々が買い物のために店に行かなくなる理由

・買うためのプロセスを省略することで、残る楽しみは「商品の開封」

 

①人々は買い物のために店に行かなくなる

「買い物に行くのは、けっこうめんどくさいんだよな。」

 

このように思っている人も多いと思います。

 

それはなぜなのか、

 

1.店に行く

2.外に出るために、身支度を整えないといけない

3.車等を運転し、移動しなくてはならない

4.店についても商品を広い売場の中から見つけないとならない

5.見つけても類似商品から選ばないとならない

6.お金を払うために、レジに並ばないといけない

 

このように買い物にはプロセスが多いからです。

 

こんな「めんどくさい」を解消してくれたのが、ネットショッピングです。

 

直近、コロナ禍ということもあり、ネットショッピングする回数が増えた人は多いと思います。

 

私自身も生鮮品、日用品以外はネットショッピングを活用することが増えています。

※Amazon、ユニクロ、食べチョク、楽天等たくさんのネットショップを活用しています。

 

日本において、消費者向けEC(Eコマース=電子商取引)の市場規模は約18兆円だ。この数字は大きいようにも見えるが、実はすべての商取引のうちECが占める割合、つまり「EC化率」は、わずか6・22%しかないのだ(経済産業省「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より)。

引用:2025年人は「買い物」をしなくなる

 

実は、今はまだ、買い物全体の6%ほどしかECは使われていないんです。

 

ネットショッピングに慣れた今の若い層が年齢を重ね、経済力を付けたら、今よりネットショッピングの市場は拡大します。

 

そうなれば、やはり、

 

「人々は買い物のために店に行かなくなる」

 

そんな未来が待っていることは、明白なのではないでしょうか。

 

②選ぶのが面倒な人たちは、AIを信じ始めた

消費者は、たくさんの中から商品を選ぶのが面倒になってきている。しかし、選ぶのが面倒でも、最終的にはいずれかの商品を選ばないといけない。

引用:2025年人は「買い物」をしなくなる

 

以前、商品を選ぶ判断材料となっていたのが「TVCMや新聞広告」でした。

 

「TVCMでやっていたから、この商品を買おう。なんかTVCMでやってるから安心だし。」

 

私自身も買い物する際に、そんな判断をして商品を買った記憶があります。

※私が所有するテレビ「TOSHIBA REGZA」はTVCMがきっかけで購入した記憶があります。

 

しかし最近は、この従来型の広告手段が、消費者に対して効果が薄くなってきているといいます。

 

では、今は、どのような判断基準で、人々は商品を選んでいるのでしょうか?

 

それが、

 

「AI」と「口コミ」

 

です。

 

『「AI」を判断基準にする』の具体例

「最近、Amazonの「あなたにおすすめの商品」の精度がかなり高いな。」

 

このように感じることはありませんか?

 

私は特に電子書籍を選ぶときに感じています。

 

数多くの書籍からどれが良いかを自分で選ぶ必要はなく、Amazonからオススメされた中から、素直に読みたい本を選ぶ。

 

この方が断然早く、間違いがないと感じています。

 

「口コミ」に関する具体例

「あなたは、人気YouTuberがおすすめしている商品を、実物を見ずに、ネットで購入したことはないでしょうか?」

 

私は最近、ヒカキンさんがYouTubeで紹介していた「Apple Watch」を購入しています。

そのほか、昨年はシャイニー薊さんがYouTubeで紹介していた「フードプロセッサー」を購入しました。

 

「Apple Watch」、「フードプロセッサー」を紹介していたYouTubeはともに、この2つの商品をメインに宣伝していたわけではありません。

 

しかし、人気YouTuberのお二人が使っているということで、購入しています。

 

③買うプロセス省略でも残る楽しみは「開封の儀」

皆さんが買い物のプロセスで一番楽しいと感じる瞬間は、どのタイミングだろうか?  商品を選ぶとき? レジに並ぶとき? 決済をするとき? 商品が家に届いたとき?  多くの人は、「封を開ける瞬間」ではないだろうか?

引用:2025年人は「買い物」をしなくなる

 

「買い物」にはたくさんの「楽しみ」があります。

 

・お店までみんなでドライブする

・いろんな商品をウィンドウショッピングする

・高額商品を思い切って購入するドキドキ感

 

でも、1番ワクワクするのは「その商品を袋から取り出すときだ」と本書では語られています。

 

最近、私が「食べチョク」を利用したときに経験したことです。

かしわ・鳥刺し専門店「大摩桜」から届いた商品を開封したら、商品の中に、なんと「直筆のお手紙」が入っていました。

写真

かしわ・鳥刺し専門店「大摩桜」からの直筆お手紙

この直筆のお手紙には、心から感動させられました。

 

実際、現在は多くのハイブランドも、「Unboxing(アンボクシング)」=「届く瞬間、箱を開ける瞬間のユーザー体験」を最も重要視している。

引用:2025年人は「買い物」をしなくなる

 

商品を開封した時の楽しみを最大化する取り組みは、これからも加速していくことでしょう。

 

まとめ

今回は『【衝撃的未来予測②】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「第1章」についての書評+要約』についてお話ししていきました。

 

第1章のテーマは

『ショッピング体験の進化で、人々は「買い物」をしなくなる』

でした。

 

解説した項目は下記の3点です。

 

①人々は買い物のために店に行かなくなる

②選ぶのが面倒な人たちは、AIを信じ始めた

③買うプロセス省略でも残る楽しみは「開封の儀」

 

ビジネスの未来予測に興味のある方はぜひ、ご一読ください。

 

【参考】

2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

ではまた。

コメント