【衝撃的未来予測】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「はじめに」についての書評

未来サラリーマンお役立ち情報
2025年には、どのような未来が待っているのか?

サラリーマン「これから先、小売業どうなるの?AmazonとかEC強くて。買い物ってどうなるの?」

 

 

ウメ犬「買い物をしなくなる可能性があるんです!」

 

 

こんにちは。ウメ犬です

 

今回は『【衝撃的未来予測】書籍:2025年、人は「買い物」をしなくなる「はじめに」についての書評』についてお話ししていきます。

 

「えー!どういうことー!」

 

と思われると思いますので、数回のシリーズにわけて、ブログにて解説していきます。

 

【衝撃的未来予測】書籍:2025年人は「買い物」をしなくなる「はじめに」についての書評

未来

2025年には、どのような未来が待っているのか?

概要

2025年、人は「買い物」をしなくなる「はじめに」解説

⇨「はじめに」の部分にも学ぶべきことが多くあります。

 

この記事でわかること

・2025年、人は「買い物」をしなくなるとは?

・デジタルシェルフとは?

 

2025年、人は「買い物」をしなくなるとは?「はじめに」解説

人々が「買い物」をしなくなるとは?

ショッピング体験の発展で、人々は「買い物」をしなくなるー。

引用:2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

「遠い未来ではなく、近い未来に、このような状態になる」という主張からこの本はスタートします。

 

「そんなバカな」

 

そう思う人も多いと思います。

 

しかし、徐々に人々が「買い物」をしなくなっていくようになるでしょう。

 

そう思えるほど、この本には根拠があります。

※完全になくなることはないだろうと私は思っています。

 

それはなぜなのか?

 

理由は、

 

『買い物は、「面倒くさいもの」という扱いになっている』

 

というものです。

 

ここに対しては、私自身、すごく理解ができます。

 

買い物に行くには、

 

・出かける支度をし、

・車を1時間はないまでも運転し、

・駐車場に入るまでに並び、

・そこから歩いて店内に入り、

・広い店内を歩き、

・欲しい商品を探し、

・買い物に飽きた子どもをあやし、

・レジで並び、

・袋に詰め、

・いつもの商品を買い、

・そしてまた、車を運転して家に帰る‥。

 

少なからず、私は煩わしいと感じています。

 

コロナ禍ということもあり、最近はスーパーへ食料品や日用品を買いに行く以外は、Amazonや各お店のECサイトを利用することが多くなりました。

 

また、書籍、音楽、映画、ライブ等についてもお店まで行かずに、オンラインで購入し、楽しむ機会が増えました。

※YouTubeの試聴時間は1年前と比べ、圧倒的に増えています。

 

本当に数年前と買い物する形(方法)が変わってきています。

 

もちろん、お金を支払って何かを買うことがなくなるわけじゃない。

引用:2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

この書籍でも、上記のように主張されています。

 

では、何がなくなっていくのか。それは、

 

「買い物をする過程で「ちょっと面倒だな」と思っていたさまざまなプロセスが、なくなっていく」

 

ということです。

 

お店に行く、商品を手に取って選ぶ、レジに並ぶ‥、そんなプロセスがなくなり、買い物している感覚が薄くなっていく。

それがこれからの買い物の形(方法)と、『2025年、人は「買い物」をしなくなる』では紹介されています。

 

デジタルシェルフ

デジタルシェルフとは、ショッピングサイトの商品一覧のように、物理的な棚がデジタル上に置き換わっていくことも意味するが、本書および私の会社(株式会社いつも.)が考える定義では、その言葉をより広い意味で捉えている。ここでいうデジタルフェルフとは、「世の中の電子化が進む中で、日常の身の回りにある、ありとあらゆるものがシェルフ(商品棚)になること」を意味する。

引用:2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

私は最近、デジタルシェルフについてこんな↓体験をしました。

 

ヒカキンさんがYouTubeで「Apple Watch」を紹介されていました。

↓この動画です

【ランキング】ヒカキンがコロナ禍の1年間で買って良かったものTOP3発表!

2020年に買ったものの中で第3位に、買って良かったとお話しされていました。

 

また、YouTube大学の中田さんも常にApple Watchを付けています。

↓動画内でもたまにApple Watchにふれたりもしています。

【2025年を制覇する企業①】GAFAだけじゃない…世界最先端11社(The Companies Set to Dominate in 2025)

 

自分が見ている動画で、その出演者が身につけていると、どうしても欲しくなります。

そして、遂にApple Watchを私は購入しました。

※元から欲しくて、いつか購入しようと思ってはいました。

 

日常の何気ないシーンから、ついその商品が欲しくなり、ECで購入しまった‥、そんな体験を私自身はしてしまっています。

おそらくあなたもSNSを通じ、商品を購入してしまった経験があると思います。

 

そんな「買い物の仕方」がこれからどんどん加速していくと、「2025年、人は「買い物」をしなくなる」は予測しています。

 

そして、「買い物」をしている感覚が、どんどん薄らいでいくということが予測できます。

※すでに、ECや電子マネーでの買い物は「現金」を使わないので、買い物している感覚が薄らいでいます。

 

「2025年、人は「買い物」をしなくなる」は第1章〜第5章で構成されています。

 

今後、順次ブログにて、「要約」と「解説」を入れていきます。

 

楽しみにお待ちください。

 

まとめ

今回は『【衝撃的未来予測】書籍:2025年、人は「買い物」をしなくなる「はじめに」についての書評』についてお話ししていきました。

 

「はじめに」について

・10年前とは明らかに買い物の仕方が変わってきている

⇨商品の実物を見ずにクチコミを参考に購入するようになった

 

・デジタルシェルフ

⇨日常のありとあらゆるものがシェルフ(商品棚)となる

 

2025年、人は「買い物」をしなくなる」はめちゃくちゃ面白い本です。

 

ビジネスの未来予測に興味のある方はぜひ、ご一読ください。

 

2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

ではまた。

コメント