ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?

ある日のお弁当②ダイエット
ある日のお弁当②
スポンサーリンク

悩んでいるサラリーマンダイエットに悩んでいるサラリーマン

「ダイエットを始めて少しずつ成果が出てきた気がする。食事メニューや量を見直したら少し体重が減った。今の食生活に慣れてきたから次は昼食を工夫したいな。外食よりもお弁当がいいかな?どんなお弁当が良いか知りたいな」

 

そんな疑問にお答えします。

 

今回は、ダイエットを始めたサラリーマンに「お弁当のメニュー」を紹介します。

 

自分はダイエットを始めて妻のお弁当で大きく体重を減らす事ができました。

そのおかげで、現在も体重をトップピークから約-10kg、体脂肪率も約-7%を維持できています。

 

ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?のテーマ

ダイエットを始めたサラリーマン向けの継続できる「お弁当」のご紹介。

 

ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?の内容

■ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?

■お弁当は無理をしないで「継続」+節約にもなる

■まとめ

 

ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?

 

ある日のお弁当①

ある日のお弁当①

ある日のお弁当①

ある日のお弁当②

ある日のお弁当②

ある日のお弁当②

お弁当」で気をつけていることはまず「継続」する事です。

私自身は妻にお弁当を作って頂いておりますが、常に感謝することを忘れていません。

私より先に起きてお弁当を作って頂き、休むことなく渡してくれるので、まずはここに感謝をし、そして感謝を常に伝え続けることを行っています。

これから作ってもらう方は感謝することを伝え続けましょう。

ダイエットとは関係ないと思うかもしれませんが、ダイエットだって1人でできるものではありません。

※1人でダイエットしていてもつまらないもんです。他の人から「痩せたんじゃない?」とか「若く見えるよ!」なんて言われると気持ちもノッてきます。

ということで、お弁当を作ってもらう方、もらっている方はとにかく「感謝」が重要です。

そうでなければ「継続」なんてできません。

また、お弁当の具材で工夫することは「手軽」であることです。

昨晩のおかず、冷凍食品など詰めれば「手軽」にできる具材をどんどん使いましょう。

ダイエットをしているあなたなら昨晩のおかずや選ぶ冷凍食品はヘルシーなものを選んでいるはずです。

※冷凍食品の選び方はこの後、説明致します。

 

お弁当でこだわっていること(おすすめする2つのこと)

 

■ご飯の量は必ず測って入れよう!

お弁当箱に好きなだけご飯(白米)を詰め込んではいけません。

必ず「計り」を使ってご飯(白米)を入れましょう。

※私は120g前後を入れるようにしています。

お弁当箱は大きいのでご飯の量が思っている以上に入ってしまいますが、自身の1日の摂取カロリーから逆算してご飯の入れるようを決めて下さい。

 

■冷凍食品は購入する際、カロリーを確認しよう。

ここは重要です。

案外、揚げ物の冷凍食品はカロリーが高めです。

野菜中心の冷凍食品を購入し、カロリーを抑えましょう。

※その方が栄養も摂取できます。

ただし、選べる商品が絞られてきますので、ここは若干の「我慢」が必要となります。

※なんだかんだ飽きてしまいます。

また、ご飯のおかずは「味付け海苔」、「焼きたらこ」などでカバーします。

 

お弁当は無理をしないで「継続」+節約にもなる

無理にお弁当を継続する必要はありません。

まずは「週2回からスタートする」、「おかずだけ持っていく」などしていきましょう。

そして慣れたら少しずつお弁当の回数を増やしていき、最終的には仕事がある時はお弁当となるようにしていきましょう。

また、お弁当については「節約」にもなります。

毎食「外食」と「お弁当」ではかかる費用が変わります。

※自分は毎日500円以上の節約になっています。

その節約したお金はトレーニング本を購入したり、奥さんや家族を労ったりと別なところに「投資」して下さい。

お弁当は本当に簡単なもので構いませんので、是非続けてみて下さい。

 

ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?まとめ

■ダイエットに成功したいサラリーマン必見の「お弁当」とは?

私が食べているお弁当の写真を2枚紹介させて頂きました。

ポイントは

  1. まずは作ってくれた方に感謝 
  2. 継続していくこと(無理しない)
  3. 炭水化物(ご飯)は必ず計りながらお弁当箱に入れる
  4. 冷凍食品は揚げ物を避け、野菜中心に購入し、カロリーを抑える

 

■お弁当は無理をしないで「継続」+節約にもなる

まずはできる範囲でお弁当を作っていく。

そして慣れたらお弁当の回数を増やしていく。

また、外食をしているサラリーマンならば「節約」にもなるので、節約」したお金を「自己投資し、有効活用していきましょう。

 

お弁当は外食サラリーマンの食べ過ぎを「防止」してくれる必殺技です。

積極的に活用していきましょう。

 

ご案内

ヘルシーメニューやお弁当をインスタグラムでアップしています。

↓↓こちらから是非のぞいてみて下さい。

https://www.instagram.com/umeinuinsta/

 

それではこの記事が何か良いきっかけになることを願っています。

 

ではまた。

コメント