マラソンシューズの選び方と初心者におすすめシューズの各メーカー比較

マラソンシューズマラソン
スポンサーリンク

マラソンシューズ選びは本当に重要。(反省している自分)

悩んでいるサラリーマン『なんとなく始めたマラソンですが、意外と続けることができているため、マラソンシューズを買い換えることにしました。始めた当初は続くかわからなかったため、「安くてカッコよければなんでもいいや」と思って、たいして調べないまま購入していました。

ということで、今回はマラソンシューズの選び方と初心者にはこれがいいんじゃないかな?と思ったものを数点ピックアップしてみました。

とりあえず、自分としてはこの中から選んで購入しようと思っています。

本記事のテーマ

●マラソンシューズの選び方と初心者におすすめシューズ各メーカー比較

得られること

●マラソンシューズの選び方が詳しくなります

●価格と機能性から初心者におすすめのマラソンシューズを5つご紹介します。

マラソンシューズの選び方

使用する目的を明確にする

まずは使用する目的を明確にする必要があります。

  • ダイエット・健康が目的なのか?
  • レースでより速く走ることが目的なのか?

ここでは「レースでより速く走ることが目的」として話を進めていきます。

自分の足型を知る

足の型は大きく分けて3つのタイプがあります。

① エジプト型
日本人に多い足型で、親指が長く、小指にかけてゆるやかな傾斜を持つ足型です。親指の先がシューズに干渉しやすいので、つま先に余裕のあるものを選ぶようにしましょう。

② ギリシャ型
人差し指が長く、親指よりも人差し指が飛び出た足型です。比較的どんなランニングシューズにも合うため、選ぶ際は横幅や甲の高さに気を付けるくらいでも、大きな失敗はありません。

③ スクエア型
親と他の指がほぼ同じ長さの足型です。つま先部分が細いランニングシューズを履くと、小指が圧迫されやすいので注意しましょう。このタイプの方は足幅も広くなりがちなので、選ぶ際はシューズの幅に気を付けましょう。

出典:https://yamahack.com/448

※ちなみに自分は「ギリシャ型」でした。

足長、足囲を測る

マラソンでは必ず「足にフィット」するシューズを履くことにこだわりましょう。

※ハーフマラソンでも1時間30分以上は走りっぱなしになります。

靴擦れ起こしたら最悪です。

そのためにも必ず「足の長さ」と「足の幅」を計測するようにしましょう。

※できれば足の大きさを測定してくれるお店に行って、測ってもらうのが良いです。

足長の測り方

  1. 白紙のA4用紙を準備します。※コピー用紙で十分です。
  2. 水平で平らな(固い)場所にA4用紙を置きます。
  3. A4用紙に足を置き、かかとの1番出っ張っているところに印(用紙に)を付けます。※壁を使うとうまく測定できます。
  4. 爪先の1番出ているところに印を付け、長さを計測します。

▼こんな感じです

足長の測り方

①紙の端を壁に合わせて床に置く
②かかとを壁に合わせて紙の上に足をおく
③印をつける

※自分はかかとから中指までが(1番出ていた部分)24.5cmでした。

足囲の測り方

  1. メジャーを用意します。
  2. 親指の付け根と小指の付け根にメジャーを1周させて計測します。

▼こんな感じです。

※両足で足の大きさが違う場合がありますので、必ず両足を計測するようにしましょう!

※それぞれ本番で使う靴下を履いて計測しましょう。

※自分は250mmでした。

▼靴のサイズ表(JIS規格)

男性用のサイズ表

出典:ミズノ公式オンラインショップ https://www.mizunoshop.net/disp/CSfDispListPage_003.jsp?dispNo=003002331001

ランニングシューズの選び方(初心者は厚底で)

ランニングシューズは3つのタイプがあります。

  • レース系:薄い靴底のため軽め。軽いため、スピードが出るタイプ。中・上級者ランナー向け。
  • トレーニング系:レース系とクッション系の間。
  • クッション系:クッション性、安定性に優れている。厚底タイプのもの。初心者向け。

結論:初心者にはクッション系(厚底タイプ)のものがおすすめです。

筋肉が出来上がっていない初心者の方はクッション性とサポート機能(足を着地させた時の安定性)があるものを選ぶようにしましょう。

必ず試し履きをすること

足のサイズを測定し、デザインも確認したから「ではネットで購入しよう!」としてはいけません。

必ず試し履きをするようにしましょう。

試し履きをする際はマラソンレースで使用する靴下を履く、レーズ時間と同じ時間に試し履きをするなど、必ずあなた自身の「使用するシーン」に近い状況にし、行うように心掛けましょう。

試し履きをする際のポイントは下記の2つです。

足にフィットしているか?

最終的には自身のフィーリングが重要です。

このマラソンシューズが「自分に合っているな。」とか「根拠はない(説明できない)けど、このシューズがいい!」と思ったものを選ぶようにしましょう。

かかとの部分がフィットしているか?

ここも重要です。

かかとのフィット感が薄く、カポカポ抜けるようなものでは靴擦れや怪我の原因になります。

サラリーマンにはあるあるかもしれませんが、革靴を購入するとき、「安物だからどれでもいいか」と深く考えないで買い、後日、履いているとかかとが靴に引っかからず、「なんか歩きづらい」という経験があると思います。

できれば、試し履きのときに店内を軽く歩く等をさせてもらい、フィット感を確認しましょう。

その他

あまりチェックポイントが多いと迷いにつながるため、ここは参考に留めておいてください。

  • 足が靴の中で横ずれしないか?(ワイズが靴とあっているか?)
  • 靴の中で足指が自由に動くか?(縮めたり、伸ばしたりできるか?)
  • 足の甲のフィット感はあるか?(伸びる素材のものが良い?)

初心者におすすめのランニングシューズ

ということで、ここからは初心者におすすめのランニングシューズになります。

各メーカーから1つずつ選んできました。

※選出方法は各公式HPの中で初心者+レース向けで紹介されているものを選んでいます。

⇨はっきり記載されていないものもありましたので、その場合は、自分の中で気になったものを選んでいます。

参考になれば幸いです。

NIKE エアズーム ストラクチャー22

NIKEからは「エアズームストラクチャー22」になります。

レーシング用かつ初心者向けはこの商品になります。

価格:13,200円(税込)※Nike公式HPより

重要:326g(メンズサイズ28cm)※Nike公式HPより

参考:Nike公式 ランニングシューズチャート http://nike.jp/running/marathon-chart/#sub3

シューズの底が広く、ランニングしている際の足の着地が、非常に安定性しそうです。

価格も15千円(税込)以下ですので、なんとか一般サラリーマンにも手が届くのではないでしょうか?

asics GLIDERIDE

asicsからは「GLIDERIDE」になります。

価格:17,600円(税込)※アシックス公式オンラインストア

値段は高めですが、明らかに公式HPでの紹介が力が入っていたので、こちらにします。

参考:asics公式オンラインストア https://www.asics.com/jp/ja-jp/glideride/p/1011A817-003.html?width=

こちらもシューズの底が広く、厚底タイプです。

お小遣いの範囲でいけそうな方は是非トライしてみてください。

adidas パルスブーストHD

adidasからは「パルスブースト HD SUMMER. RDY 」になります。

価格:15,400円(税込)※価格はadidas公式通販より

靴裏が特徴的です。

アディダスの技術が詰まった一品です。

※土踏まずの部分があまりない?という表現が正しいのでしょうか?

参考:adidas公式通販サイト https://shop.adidas.jp/item/?gender=mens&sport=running&category=footwear&best_for=city&closure=laces&order=1

ニューバランス

ニューバランスはアメリカ発の会社ですが、日本人の足向けの靴を作っており、フィット感に優れています。

ニューバランスからは「フレッシュフォームテンポM」になります。

価格:13,090(税込)

こちらも靴底広めかつ、クッション性に拘った一品になっています。

ジョギングからフルマラソンまで幅広く活用できる商品です。

※厚底まではいかないような厚さになっています。その分軽量なのでしょうか?

参考:ニューバランス公式 https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-freshfoam

※ワイズについても公式HPには記載があるので、シューズが非常に選びやすくなっています。

ミズノ

ミズノからは「ウエーブライダー 23」になります。

価格:14,190円(税込)※ミズノ公式オンラインショップより

質量:約290g(27.0cm片方)

靴底広いタイプでそこまで厚底ではないタイプです。

参考:ミズノ公式オンラインショップ https://www.mizuno.jp/running/gear/conceptchart/

※シューズ幅についても記載があり、選びやすくなっています。

まとめ

ということで今回は「マラソンシューズ」について考察してきました。

まとめるとこんな感じです。

 

●マラソンシューズの選び方

・初心者でもマラソンシューズ選びは重要(クッション性、安定性重視で)

・シューズ購入の際は必ず試し履きをしよう(できれば足のサイズは必ず計測しよう)

●初心者おすすめのマラソンシューズについて

・最終的にはフィーリングが重要です。

⇨調べれば調べるほどどれも良すぎて悩みます。

・お金とも相談しましょう。

⇨そもそもここが1番需要なのではないでしょうか?

 

いかがだったでしょうか?

今年は各地のマラソン大会が中止となっています。

年内にできるマラソン大会があるかは分かりませんが、そこに向けて準備をしていく中で、今年は靴にも拘ってみましょう。

今回は「マラソンシューズ」を勉強しながら、併せてこの記事を書いてみました。

 

この記事が、少しでもあなたにとって参考になりましたら幸いです。

 

ではまた。

コメント