20代で転職した自分が30代後半になって当時を振り返ってみた!

転職サラリーマンお役立ち情報
転職について考えてみた
スポンサーリンク

悩むサラリーマン

転職を考えているサラリーマン

「今の仕事にすごい疑問を持っているんだよなぁ。面白くないし、上が言っていることもよくわかんないし。きついし。地元に帰りたいしなぁ。」

 

と、こんな感じで悩んでいる同僚がいましたので、今一度「転職」について考えてみました。

 

自分自身も1度、「転職」を経験しています。

当時の状況を今振り返る「検証」を行ってみたいと思います。

 

20代で転職した自分が30代後半になって当時を振り返ってみた!のテーマ

「転職」について当時のことを振り返り、転職後(結果)がどうなっているかを整理する

※転職について考えているサラリーマンの参考になりますように

 

20代で転職した自分が30代後半になって当時を振り返ってみた!の内容

・20代後半で転職した自分が30代後半になって振り返ってみると

・転職することは悪いことではない

・まとめ

 

20代で転職した自分が30代後半になって当時を振り返ってみた!

転職

転職について考えてみた

【良かった事】転職して年収が上がった!

年収をあげたくて、転職をした自分にとって何よりも良かった事がこの「年収が上がった」という事です。

気づけば、約1.5倍になっていました。

転職してから年数が経っていますので、単純比較できないですし、福利厚生も違いますが、正直ここまで上がるとは思っていなかったのが実情です。

※もちろん、年収が上がる企業を転職先に選んで活動していました。

よく、転職組と「転職してどう思ってる?」という会話をしますが、やはり、転職して年収が上がったという事が1番良かった事という話が多いです。

貰う絶対額にもよりますが、転職の成功の是非はやはり年収」が上がるか否かによるところが大きいと感じています。

 

【良かった事】新しい仕事が自身の成長を促した!

あくまで私自身の考えですが、いくら会社の仕事を一生懸命頑張ったとしても「市場での人材価値はあまり上がらない」と考えています。

※会社内での価値は飛躍的に上がりますけど。

転職の準備をしている時、会社を離れ、社会の中での「自分の価値」を考える時間を多く取ることができました。

社会って広いんだなぁと感じ、一気に視野が広がりました。

そして、会社へ生活のほとんどを依存する状態について「危険だ」とも感じました。

※その後、投資について勉強を始め、実際に投資信託、株式投資を行い、見事に失敗しています。

転職し、新しい職場で働くことは自身の視野を広げ、確実にあなた自身を成長させてくれます。

そしてその成長は新しい考えや発想に繋がり、自身の人生を豊に過ごすきっかけを与えてくれる…、そんな気がしています。

 

【良かった事】人間関係のリセット

案外、「人間関係」に悩んで転職する人も多いと思います。

私自身も人付き合い苦手で、人間関係をうまく築くことができません。

私の転職を決めた理由のひとつにこの「人間関係」も含まれています。

※転職した人の中で「ゼロ」の人はいないんじゃないだろうか?

ただ、転職後の今思うことは「些細なことだったなぁ」とも思っています。

※あくまで「自分」の場合です。ここの悩みを強く抱えている人もたくさんいらっしゃいます。

結局、転職先でも同じような人間関係を作ってしまうことになりましたから。

自分が変わるしかないんですよね。

※無理する必要はないんですが。

※パワハラがひどい等の問題はまた別な話です。

 

【悪かった事】家族との時間が減った

仕事の量が増え、かなり家族との時間が減りました。

※最近は働き方改革のおかげでまた増えてきました。ありがとうございます。

企業風土が違うため「勤務時間」に対する考え方はそれぞれ会社によって違います。

ただ、自分の場合はこれを覚悟で転職したので、あまり文句は言えませんが。

※企業研究には時間を掛けましょう。

 

【悪かった事】休みが家族と合わなくなった

子ども達が幼稚園に行く様になり、子ども達との休みのタイミングが合わなくなりました。

夏休み、冬休みは逆に忙しくなるので、休みが取れず、遠出ができなくなりました。

ただ、ここも工夫次第なので、そこまで気にはしてません。

ここも前職とは違うところなので、見識広がったなぁとかにしか思ってません。

 

転職することは悪いことではない

私は転職について悩むことは決して悪いことではありません。

なぜなら、

 

●年収が上がる可能性がある

⇨月5万手取りが増えれば人生が大きく変わります。

●自分自身の成長につながる

⇨社会での自分の位置が分かり、可能性に気づく事ができる

●辛いことから逃げる事ができる

⇨体を壊す、心が病むまで働く必要はないんです。

そこまで我慢することはありません。

それであなたの価値が下がることはありません。

 

あなた自身の可能性は広がります。

 

まとめ

振り返ってみると転職して良かったと思えることの方が今は多いです。

ただ、転職するときに「まわりの期待を裏切ってしまったなぁ」と思ってしまったことはかなり辛い経験でしたけど。

※ありがたいことに、結構、目を掛けてくれた上司、先輩、同期、後輩がいましたので~_~;

 

ということで、本記事で伝えたかった内容はこの2つです。

●転職して良かった事、悪かった事

・自分自身の体験談を元に5つにまとめてみました。

●転職することは決して悪いことではな

・なんとなく、まだこんな空気が社会や会社の中にある気がしています。

⇨自分の人生、豊にしていくんですから問題なしです。

 

最後にまた、自分自身のことを少しだけ。

現状、転職は考えていませんが、副業で稼ぎ、会社からの収入だけに依存しない体制を作ろうと奮闘中です。

私と同じように家族がいれば、収入が変わることはかなり不安に思うはず。

まだ、心や時間に多少の余裕があるのであれば、副業で収入を作り、少しでも気持ちを軽くしてから転職活動に入っていくのも一つの方法かと思います。

 

少しでもあなたの人生が良いものになるきっかけになりましたら幸いです。

 

ではまた。

コメント