【入門編】仮想通貨がよくわからない初心者の方へ書籍を元に解説します❷

仮想通貨投資ブロックチェーン
仮想通貨投資の魅力とは?

サラリーマン「仮想通貨への投資ってどうなの?」

 

 

【入門編】仮想通貨がよくわからない初心者の方へ書籍を元に解説しますの第2段になります。

 

今回のテーマは「仮想通貨投資」について

 

今回も「書籍:ビットコインと仮想通貨」を参考に解説していきます。

仮想通貨投資を考えている方の参考になりましたら幸いです。

 

こちらが参考にさせていただいた書籍↓

マンガでわかる ビットコインと仮想通貨 PHP研究所 監修者三原弘之氏(ビットバンク株式会社 COO) 制作日2018年2月1日

※直近の仮想通貨の流れなども付け加えて解説していきます。

 

■注意点:投資助言ではありません

なお、この記事は一般的な情報を配信するものであり、いかなる暗号資産、有価証券等の取得を勧誘するものではありません。

また、投資助言を目的としたものでもありません。

暗号資産投資にはリスクが伴います。

ご自身の判断で行っていただきますようお願いいたします。

 

前回のおさらい

◎仮想通貨とは?

・誰も管理していない(リーダーがいない)デジタル通貨のこと

※「ブロックチェーン」という技術を活用

 

◎仮想通貨の特徴

・管理者を経由せず、個人間で取引ができるため、手数料等を抑えることができる。

⇨経済的にもメリットが大きい

 

◎ビットコインは「サトシ・ナカモト」が現代の送金システムの課題解決のために作ったもの

⇨仮想通貨は決して怪しいものではない

 

※この記事での「仮想通貨」は、基本的に「ビットコイン」を念頭にお話ししております。

 

投資対象としての仮想通貨とは?

仮想通貨投資

仮想通貨投資の魅力とは?

 

どことなく、危ないイメージがある仮想通貨

「仮想通貨」「ビットコイン」と聞くと、どこか危ないイメージを連想する方もいると思います。

本来であれば、仮想通貨のようにお金をデジタルで管理すると「窃盗」「盗難」「紛失」ということがなくなり、安全性が高くなります。

しかし、デジタルでお金を管理するようになると、「ハッキング」によって残高を書き換えられ、お金がなくなるといった危険性も増します。

 

日本では仮想通貨に関連する大きなハッキング事件が起こり、仮想通貨に負のイメージをあたえました。

ここでは、国内で起きたハッキング事件を確認していきます。

 

○マウントゴックス事件 (2011年6月)

・「マウントゴックス」という取引所に預けられていたビットコインが大量に消えた事件

・当時のビットコインレートで約100億円が盗難

・マウントゴックスはその後、破綻

※マウントゴックス事件の問題は、「取引所のハッキングなどに対するセキュリティの甘さ」といわれています。

 

○コインチェック事件(2018年1月)

・コインチェック事件では「ネム」という仮想通貨が狙われた

・被害総額が取引所へのハッキングでは過去最大規模

・この事件以降、金融庁の仮想通貨取引所に対する規制が格段に厳しくなった

・ハッキングが起きたとき、コインチェックは仮想通貨を「ホットウォレット」で管理しており、問題点として指摘された

※ホットウォレット:仮想通貨をインターネットに接続した状態で保管すること

 

●ホットウォレットとは別の保管方法「コールドウォレット」
仮想通貨を使用するとき「ウォレット」という仕組みが必要となります。
※「ウォレット」とは、財布のようなもの。仮想通貨を入れておく仕組みのこと
この「ウォレット」をインターネットから完全に切り離し保管することを「コールドウォレット」といいます。
仮想通貨が不正アクセスで盗まれる危険性を大きく下げることができます。

 

投資対象としての魅力とは?

ビットコインは「値動きの大きさ」「将来性」から投資対象として非常に人気です。

 

○値動きの大きさ

※出典:Coincheck 5月29日(土)14:20

 

上のグラフをご確認ください。

ビットコインの価格が大きく上下動しているのがわかります。

価格が大きく変化するということは、大きく稼ぐチャンスが多いということを意味します。

価格変動の大きさが仮想通貨投資の魅力の1つといえます。

 

○将来性

仮想通貨に使用されているブロックチェーンは今後、67兆円の市場規模を作り出すと経済産業省(※2016年)より発表がありました。

今もさまざまなブロックチェーンを活用したプロジェクトが進行中です。

 

仮想通貨の売買方法

ここでは仮想通貨を購入するまでの流れをかんたんにご紹介します。

仮想通貨取引は、そこまで難しいものではありません。

興味ある方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

※ここでは「Coincheck」という取引所を例としてお話しします。

 

●取引所で口座(ウォレット)をつくる

まず、取引所は「国の規制当局から許可を得ているところ」から選びましょう。

⇨金融庁(暗号資産交換業者登録一覧):https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

※Coincheckは規制当局から認可を得ている取引所です。

 

●アカウントの作成 ※スマホでOK(Coincheckの場合)

⇨会員登録を行ってください。

 

●基本情報登録と本人確認書類の提出 ※スマホでOK

 

●審査が通れば登録完了

 

※ CoincheckのHPに詳しい登録方法、注意事項が記載されていますのでこちらをご確認ください。

⇨「https://coincheck.com/ja/guide

※銀行口座をつくるようなイメージです。そこまで難しくありません。

 

登録が完了すると、いよいよ仮想通貨投資スタートです。

 

【入門編】仮想通貨がよくわからない初心者の方へ書籍を元に解説します❷のまとめ

○投資対象としての仮想通貨は価値の上下動が大きく、魅力的

⇨価値が大きく下がる可能性もあるので、十分検討して、投資をおこないましょう。

 

○取引所で口座を作成し、仮想通貨を購入することは難しくありません。

⇨使用する取引所は「国の規制当局から許可を得ている取引所」を選びましょう。

 

■参考サイト

・ Coincheck:https://coincheck.com/ja/

 

以上

コメント