【転職後に苦労したこと辛かったこと】その解決方法もご紹介します

サラリーマン 成功ライフスタイル

悩んでいるサラリーマン

転職をしようと考えているサラリーマン

「転職をしようと考えているんだけど、転職した会社が自分に合わなかったらどうしよう。

そんなサラリーマンへ「転職後に苦労したこと辛かったこと」と「その解決方法」についてお話しします。

※3分くらいで読めます。

 

自分のサラリーマン・副業歴

  • サラリーマンは大卒から休まず13年以上
  • 年収UPのために転職してメーカー(営業)からコンビニ(小売業)へ
  • 副業は「株式投資」と「アフィリエイト(ブログで)」を実施

 本記事のテーマ

●転職後1年目で苦労したこと、辛かったこと

●苦労したこと、辛かったことをどのように解決したか

【転職後に苦労したこと辛かったこと】その解決方法もご紹介します

苦労 辛い

転職1年目は苦労や辛いことも多い

転職後の仕事はなかなかイメージが出来ません。

「転職しても会社に馴染めず、すぐ辞めてしまったら?」と考えることもあります。

ですので、転職して1年目で苦労したこと、辛かったことをまとめてみました。

■転職1年目で苦労したこと、辛かったこと

  1. 今までと違う仕事内容
  2. 社風
  3. 残業時間
  4. 上司・同僚との関係性

今までと違う仕事内容

1番最初に違いを感じるのは、やはり「仕事内容」です。

特に他業界への転職だと1から覚えなおさないといけないので、苦労します。

※自分自身は「メーカーの営業」から「小売業」へ転職しています。

特に苦労したのは知識を覚えることではなく、「仕事の進め方」です。

前職で経験していた「目標の設定方法」や「達成までのアプローチの仕方」の考え方をまるっきり変えないとならず、納得いかないことも多くありました。

まずは、「良い・悪い」、「正しい・正しくない」で判断するのではなく、「新しい考え方だから無心で一度やってみよう」という気持ちで取り組むと良いです。

※反発してまわりと変に軋轢を生む必要はありません。

 

ただでさえ、転職し、環境が全く変わってしまっている状況です。

最初から反発して必要以上のストレスを抱える必要はありません。

仕事内容も変わるが、仕事の進め方(考え方)も大きく変わる」ことをしっかりと頭に入れ、柔軟に対応していける準備を転職前にしていきましょう。

社風

自分が転職して1番つまずいたのが、この「社風」に慣れることです。

※正直今でも「社風」に慣れることができていません。

 

その会社が出来た歴史によって「仕事に対する考え方」、「教育内容」、「上司からのマネジメント」等が変わります。

そして、「社風」は入社してみないとわかりません。

正直、合う人もいれば、合わない人もいます。

上司から厳しく仕事の指示を受ければ、「前の会社の方が自由に仕事させてもらってたなぁ」と懐かしむことも多々あります。

 

さほど怖がる必要はありませんが、「覚悟」をする必要はあります。

どの会社も同じであることなんてありません。

全く別物です。

就業時間(残業時間)

就業時間(残業時間)への覚悟も必要です。

1年目は覚えることも多く、かつ「中途入社だから」という理由で、同じ年に入社した「新卒入社」の社員よりも多くのことを求められます。

※何かしら期待が大きいということです。

 

自分は残業時間を増やし、同僚よりも仕事をし、差をつけることを意識した結果、前職よりも家族との時間を取ることが出来なくなりました。

一時のこととはいえ、迷惑をかけたなぁと思っています。

※今思えばもう少し効率を考えるべきでしたが。

 

あまり気負いせず、仕事に慣れてから「まわりと差をつける方法」を考えても十分間に合います。

上司・同僚との関係性

長い間付き合ってきた「上司・同僚」であれば、自分をある程度理解しているので、仕事を進めやすいですが、転職1年目では出来ません。

付き合いがない状態では人間関係作りから始めないといけません。

 

「社風」と同じで上司・同僚についても「合う人・合わない人」がいます。

ここでも余計な反発をしてストレスを抱えないようにしましょう。

 

慣れるまでは「何事も勉強」という考え方を持つことが重要です。

 

また、「新卒入社」と「中途入社」では、仕事に対する考え方が良くも悪くも違います。

まずはなんでも否定せず、ストレスを抱え込まない程度に話を聞き入れましょう。

 

慣れてから自分の色を出していくことが重要です。

転職後に苦労したこと・辛かったことへの解決方法

問題 解決

慣れるまでは自分の仕事に集中

転職が決まり、次の新天地で一花咲かせたいという思いはわかりますが、慣れるまでは自分の仕事に集中しましょう。

一通りの仕事をこなすまでは「まずやってみる」の精神で行動することが必要です。

 

同僚に年下がいても、社歴は上です。

つまり、同僚は「自分よりも仕事ができる人たち」です。

 

素直にアドバイスを受け入れて、実践していきましょう。

※何か言いたくなる時もありますが、慣れるまでは受け流しましょう。

仲間を作る

信頼できる仲間を社内に作りましょう。

人数は多い必要はありません。

2、3人で十分です。

選び方は簡単です。

自分のことを大切にしてくれる人」であること。

※なんでも自分の意見を肯定してくれる人ということではありません。

 

こまめに連絡を取り合い、仕事の相談、情報共有するだけで、仕事へのモチベーション、成果が大きく変わります。

時間はかかりますが、信頼できる人を探してみてください。

成果が出なくても焦らない

何よりも転職1年目は「成果を出す」ことを焦らないことが重要です。

まわりから何を言われても焦らず、自分の仕事に集中しましょう。

上司やまわりが煽ってくるのはあなたにもっと仕事をさせたいだけです。

サボっていれば別ですが、これ以上無理という状態であれば、無理に引き受ける必要はありません。

少しずつまわりがあなたの仕事ぶりを理解してくれば、必然と評価は上がっていきます。

何よりも「ストレスを抱え込まない」、「体調を崩さない」が重要です。

慣れるまでは無理をしない」を頭に入れ、転職後の仕事をしていきましょう。

まとめ

ということで、「転職後に苦労したこと辛かったこと」と「その解決方法」を記事としてまとめてきました。

※自分自身が失敗したことを軸に作ってみました。

 

■転職後に苦労したこと辛かったこと

  1. 今までと違う仕事内容
  2. 社風
  3. 残業時間
  4. 上司・同僚との関係性

※全て個人的見解です。

 

■転職後に苦労したこと辛かったことの解決方法

  1. 慣れるまでは自分の仕事に集中
  2. 仲間(自分を大切にしてくれる人)を作る
  3. 成果が出なくても焦らない

 

それでは、この記事が何かあなたにとってのヒントになっていたら幸いです。

 

ではまた。

コメント