【学ぶことが諦められない全てのひとへ】オーディオブックで聴く「独学大全(読書猿著)」レビュー①

オーディオブック
独学を「学ぶ」なら、独学大全とオーディオブック

サラリーマン「独学大全が人気です。どんな内容ですか?また、独学大全のような厚い書籍を読み切るにはどうしたら良いですか?」

 

ウメ犬「こういう時こそ、オーディオブックを活用しましょう!Audible(オーディブル)で購入できます。」

 

 

こんにちは。ウメ犬です

 

今回は『【学ぶことが諦められない全てのひとへ】オーディオブックで聴く「独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法」レビュー①』についてお話ししていきます。

 

独学大全を初めて書店で見たときの衝撃を今でも忘れません。

 

「なんて分厚い本なんだ!」

 

名前は知っていて、売れているのだろうと思っていましたが、こんなにもボリュームのある書籍とは思っていませんでした。

 

「これを読み切るのは至難の業だ‥。」

 

このように思っていましたが、好奇心には勝てず、購入いたしました。

 

しかし、ここはAudible (オーディブル)での購入です。

 

Audible (オーディブル)の追加購入コインを活用し、実質1,200円で「独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法」を購入しています。

 

では、早速解説していきます。

【学ぶことが諦められない全てのひとへ】オーディオブックで聴く「独学大全」レビュー①

独学を「学ぶ」なら、独学大全とオーディオブック

概要

前半:「独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法」を購入した目的

後半:第一部で印象に残ったこと

 

この記事でわかること

・書籍をより効率的でかつ、実践につなげやすくする方法

・「独学大全」第一部の中で特に印象に残る内容(ウメ犬的)

前半:「独学大全」を購入した目的

書籍をより効率的に読むには、読み始める前に、目的を明確にしておく必要があります。

 

「自分はなぜこの書籍を読むことが必要なのか?」

 

ここを明確にしておくと、実践に移しやすくなります。

 

今回、私自身が「独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法」を読む目的は、

 

①「独学」の効率を上げていく

②モチベーション維持のより良い方法

 

この2つになります。

 

副業は孤独な作業です。

 

独学で学び、情報を集め、どのように商品につなげて稼いでいくか。

自分の問題点を解消するために、今回「独学大全」を購入しています。

 

後半:第一部で印象に残ったこと

ここで紹介するものは、オーディオブックで聴き流しながらの読書になりますので、言葉は正確なものではありません。

 

あくまでも自分の印象です。

※私の頭の中で編纂されています。

 

しかし、ニュアンスは伝わるかな?と思っています。

 

では、第一部で印象に残ったことは下記の3つです。

 

①学ぶことは、あたらしい世界にどんどん繋がっていく

②「行動⇨いい結果⇨やる気」が好循環

③「記録することが行動」を強化する

 

では、それぞれ解説していきます。

 

①学ぶことは、あたらしい世界にどんどん繋がっていく

学ぶことがあたらしい世界に繋がっていくことを筆者は、筆者自身の体験談とともに語っています。

 

虫にハマっていたらその虫を食べた魚にハマり、観察していた魚を今度は鳥が食べ、気づいたら広い世界へと繋がっていた。

 

学ぶということは次々に別な世界へと結びつき、そしていずれは広い世界へ飛び出すきっかけとなる。

 

おしゃれで、本質をついた感動する表現でした。

 

この話を聞き、「学び」に対するモチベーションが一気に上がりました。

 

②「行動⇨いい結果⇨やる気」が好循環

「やる気があるから行動を起こすのではない。行動し、いい結果が出て、やる気が出てくる。」

 

人は行動するには「やる気」がないといけないと考えますが、本質は逆ということです。

行動し、その行動にともなって良い結果が出ると、やる気が生まれる。

 

まずは行動からということです。

 

これからは副業や勉強に取り組むとき、やる気が出てくるのを待つ必要はありません。

 

まずは行動です。

 

③「記録することが行動」を強化する

記録することで、あなたの行動が強化されます。

モチベーションを保つには、日々の行動を航海日誌のように客観的に記録をとり、見返していく必要があります。

 

まとめ

今回は『【学ぶことが諦められない全てのひとへ】オーディオブックで聴く「独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法」レビュー①』についてお話ししていきました。

 

前半:「独学大全」を購入した目的

①「独学」の効率を上げていく

②モチベーション維持のより良い方法

※書籍をより効率的にインプットする方法は、読む前に「なぜ読むのか?」を明確にしておく必要があります。

 

後半:第一部で印象に残ったこと

①学ぶことは、あたらしい世界にどんどん繋がっていく

②「行動⇨いい結果⇨やる気」が好循環

③「記録することが行動」を強化する

 

書籍を読んだらすぐに実践です。

書籍を読む場合は、アウトプットを前提に読み進めましょう。

アウトプットしか、自分の人生を変えてはくれないからです。

 

ではまた。

 

【この記事の参考書籍】

独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

 

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

コメント